ほしのや について

ほしのやを運営する 寿です。
このたび webサイトリニューアルにあたり、旧い屋号を外し
ほしのやプレゴから「ほしのや」へ変更することにしました。

「ほしのや」は2013年に、ふとうかんだ言霊。  

"ほし" は星。 見上げる星 、 星の子である私たち。
"や" は ほしが集う さまざまな 場です。

星の家  ほしの子である私たちの家
星の夜  見上げる夜空 私たちの故郷
星の埜  宇宙の裾野  私たちの生きる場
星の矢  心の命ずる 命の向かう先 魂の描く軌跡

人と人.想いと想い.時と時が 出会い交感する場
そういう場であれたらという願いをこめて、
旧い屋号に加えて使ってきました。

それが、なぜか
心に深く根をははって 
大事なものに育ったように 感じています。

自分が次の役割に  たどり着いたのかもしれません。➚



自分を見失い  道に迷った時、
友達や家族がいても 独りが胸に沁みる時、 
身体も心もかたまって 窮屈に感じる時、

そして 魂が還る場所を 想い出したくなった時、

そんな時は  お目にかかりましょう。
肩の荷をおろし 羽をのばし ひと休みして下さい。

身体のこと 心のこと 命のこと 生きること、
いま自分が直面している あれやこれ。
想いを言葉にすることでかみくだき、
星と共に考え、
言葉が途切れたら  時の巡りにゆだねましょう。
身体へのケアは、手の技に星の巡りを重ねます。

あなたが自分本来の元気を取り戻し、
ここからまた  はじめられますように。

それは今も昔も これからも   
変わらない 寿の願いです。