木星ライン 

ありがとうございます。終了しました。

アストロマップ活用術    2回目は「木星」をとりあげます。

占星術では出生図(生まれた時の天体配置)を元に 様々な事柄を考察します。
前回の案内文で書いたように、出生図は 魂が「私」を生きるうえでの地上の地図。
全ての人が、自分だけの地上の地図・人生の地図を持っています。

出生図は自分の資質や可能性の ストックリスト、
人生で出会う宝の在処を示した トレジャーマップなのです。

アストロマップは、その出生図に記された資質や可能性という天与の才が、
どこで どんなふうに開くかを 世界地図上で一目でわかるように表示したものです。
アストロマップについては、前回までのご案内をご覧くださいね


☆太陽は「私」に活力を与えナビゲートし、木星は私の「社会」を豊かに広げる☆

一回目でとりあげた「太陽」は活力の象徴。人生の方向性を示します。
「私」を定め、個性を作り、自分が自分らしく イキイキと輝く方へ ナビゲートします。

今回とりあげる「木星」は拡張する力の象徴。関わる事象を増やす力です。
広さ.大きさ.豊かさに関連した象意を持ち、懐の広い保護や援助の天体として語られます。
また、土星と対になって社会的な事柄全てを受け持ちます。

出生図に記された太陽.月.水星.金星の状態には「私・個人」の性質や傾向が顕れますが
木星と土星には、その「私」が「社会」にどう取り組むか、処世術の傾向が顕れるのです。
そして「私・個人」を安定させ、「社会」へと向かう力の性質が火星の状態に顕れます。

木星の象意にある 広さ.大きさ.豊かさは、人生を「意味ある物語」として 紡ぎあげる
"精神的な豊かさ"として顕れようとします。

個人としての物質的な豊かさ、衣食住や生活のためのお金などは 金星の守備範囲になります。
金星は物や人を、個人の好みに従って集めます。基本的には私的な楽しみ.豊かさです。
(アストロマップの金星ラインは、5月に予定しています)

木星も物や人を増やしますが、そのことで仕事や社会的な活動・行動範囲を広げ、視野を広げ、
許容範囲を広げ、意識を広げ、精神性を広げ、世界を広げ、私の「社会」を豊かにするのです。

☆木星の広げて増やす力はエンドレス☆

さて、そうやって世界や社会が広がると、結果として また物や人が増えていきます。
木星の拡張力は、この 広げて 増やす 広げて 増やす...が、エンドレス。

吉星として親しまれ、万人に好まれる木星ですが、この強大な膨張力には注意が必要です。
広げる「私」の視座がはっきりしていないと、手あたり次第になんでも増やすのです。

木星は空を巡り12年に一度、出生図の木星と同じ位置に戻ってきます(ジュピターリターン)
また、出生図の他の天体や アングルとよぶ四つのポイント(Asc.Dsc.MC.IC)や各々のハウスを、
12年毎に通り過ぎて、それぞれの天体やアングル/各々のハウスのテーマを広げて 増やします。

そういった出生図の天体やアングル等に、巡る木星が関わってくる時期は、
目指すものや主張、自分の視座や意志等がはっきりしている人にとって、チャンスです。
木星の拡張力は強大で、目指すものへの道が狭くても、しっかり押し広げてくれるのです。


では「私」の視座が不安定だったり、自分で考えず何となく誰かの言動や流行に乗っていたら、
木星が巡ってきても、何もしてくれないのでしょうか?

大丈夫、木星は何でも受け入れる懐の広さを持っています。
気分も大きくし楽観的にさせてくれるし、とりあえず、手あたり次第に増やしてくれます

とはいえ「私」を忖度してはくれないので、 誰かの考えに合ったもの流行のものが増えがちです。
イベントごとや物は増えますが、その時期が過ぎたらローンしか残らなかったりします。
自分に無自覚だと怠惰になったり、多食美食が過ぎて拡張するのは身体だった、ということも。

遊びまわっても充実感がない、物はあるけど虚しい、そう感じる人や そう感じる時には、
出生図の木星が記す 「増やし 広げたい(自分の)社会」に目を向けてみると いいですよ。

木星を意識することで、増やす力を 必用な方向に集中できるでしょう。

☆アストロマップの木星ラインを使って、木星の「増やすテーマ」を設定しよう☆

木星に「広げる社会」の方向を示すには、 「私」を定める必要があります。
自分は何者なのか、何を目指し、どうなりたいかを集中して考える必要があるかもしれません。

もし、そこが苦手で なんとなく避けてきて、そのまま 40代を迎えていた人がいたら
今年は ぜひ「私」について 考えてみてください。

そしてアストロマップの木星ラインを使って、出生図の木星を意識していきましょう。
vol:1太陽の案内で書いたように、木星も「どのハウスにあるか」でテーマが変わります。

同じ年に生まれた人は だいたい木星が同じサインにあります。
たとえば、2018年11/8から2019年12/3まで 木星は射手座をめぐります。
その期間に生まれた赤ちゃんは何月生まれでも、射手座木星のチームです。
みんな同じ射手座木星ですが、生まれた時間と場所によってハウスが異なるのです。

出生図の木星は、その人が意味を感じ、広げたい.増やしたい.高めたいものを象徴します。
そして木星のあるハウスは、サイン(射手座、山羊座...)よりも地上的具体的なテーマを表します。

太陽は、どのハウスにあるかで「私」を発揮するテーマ・舞台が変わりました。
木星は ハウスのテーマに関することを増やし.広げ.高め、意味をもたせ 豊かにします。

社会的な天体なので、仕事の適正や社会観、活躍の場所、もたらされるチャンスについて。
また精神性や知性の発揮されるテーマ、社会との関わり方、集団での頼られ度や存在感等も
関わるアングルやハウスによって変わってきます。

自分の出生図を元にしたアストロマップを使って、どこで どんなテーマが開いていくかを探り
「増やし.広げたいテーマ」に木星が関与する場所を見つけて、そこと繋がっていきましょう。


3月は6日に変革の力を揮う天王星が牡羊座から牡牛座へ移ります。
21日は春分。春分は太陽の巡りの新年で、今年は満月が重なります。
とても切り替わり感の強い月になります。

Vol:1の太陽と今回の木星を意識することで、自分の方向性とストーリーが はっきりしてきます。
すっきりとした気分で春分/新年をスタートしようとの想いで、3月はvol:1・Vol:2 連続開催です。

なんだか 楽しそう! と思ったら、ぜひぜひ ご参加下さい。
お目にかかることを 楽しみにお待ちしております。

☆こんなことをします☆
・ミニ レクチャー 
 アストロマップや 元になる出生図(ホロスコープ)の簡単な説明
 木星の象意や動きの説明
 木星と共に、社会活動・仕事の動きや傾向等を作る火星.土星にもふれます。
・ワーク
 実際に自分のアストロマップをみながら、木星ラインのかかる場所を探しましょう。
 木星が強力になるアングル(Asc.Dsc.MC.ICの四つのパワーポイント)のラインを使います。 
 ※ 出生図とマップの関係の ミニリーディング
  (こちらは vol1:太陽ラインを受講された方の特典となります)
・ミニリーディング 
 自分にとっての 2019-2020年の個人的な木星パワーポイント(こちらは お一人ずつ 全員)

☆出生時間が不明な方へ☆
アストロマップの作成には正確な出生時間が必要です。
もし出生時間が不明な場合、ワークショップにはご参加いただけますが、
配布予定の「自分のアストロマップ」は準備できないことをご了承ください